How to Stick ステッキの使い方

正しい持ち方のポイント

正しい持ち方はこれ!

痛む足の、反対側の手で持つ。
カバーしたい足や腰の、反対側の手で持ってください。
カバーしたい足と同時にステッキを出す事によって、 足にかかる荷重を、ステッキが負担してくれます。

足腰のサポートをするために使用する場合、カバーしたい足の反対側の手で、A、Bのように体重がステッキの中央にかかるように手元(握り)を握って下さい。
Cのように、端の方を持つとバランスを崩しやすく危険です。

持ち方の良い例   持ち方の悪い例
 しっかりと手を包み込んで持っている

   安定感がなく、足にかかる負担が軽減できない。